マンションの査定方法と価格の出し方とは?マンション売却の参考価格

マンションの査定方法と価格の出し方とは?マンション売却の参考価格

 

マンションを売却するときに必ず必要なのは、あなたのマンションがいくらで売れそうなのか?を査定してもらうことです。では、マンションの査定とは、どのような方法で出されるのでしょうか?

 

マンションの査定価格の出し方

 

マンション売却の参考価格となる査定価格を出す方法には、3つの査定方法があります。

 

  1. 原価法
  2. 収益還元法
  3. 取引事例比較法

 

原価法(積算法)

 

建物の建設と耐用年数などで、現在のマンションの価格を出す査定方法です。

 

収益還元法

 

不動産から発生する収益と利回りにより、マンションの価格を出す査定方法です。

 

取引事例比較法

 

あなたの売却したいマンションと似たような物件の取引事例から、マンションの価格を出す査定方法です。居住用の中古マンションや一戸建てがメインです。

 

居住用マンションの売却は取引事例比較法で査定価格を出す

 

もっともポピュラーなマンションの査定方法が取引事例比較法です。取引事例比較法は収益を生み出さない、住むためのマンション物件を売却するときの査定方法です。

 

 

近隣マンションなどの取引相場や売却事例から算出された価格と比較して、マンションの査定価格を出すのです。あなたの自宅マンションをなるべく高く売却したいときには、中古不動産でもっともポピュラーな査定方法である「取引事例比較法」を理解しておきましょう。

 

取引事例比較法のマンション査定方法

 

取引事例比較法であなたのマンションを査定するとき、机上査定と訪問査定の2種類があります。

 

  1. 机上査定
  2. 訪問査定

 

机上査定

 

机上査定は、不動産会社が実際にあなたのマンションの部屋を見ずに、おおよそのマンションの査定価格を出す査定方法です。

 

 

具体的にマンションの売却を検討しているのではなく、だいたいのマンションの売却価格を知りたいときに便利なマンション査定方法です。査定書のような形式でマンションの査定価格と査定価格の根拠を教えてくれます。

 

訪問査定

 

訪問査定は、不動産会社の担当者が、実際にあなたのマンションの部屋を訪問して、あなたのマンションの部屋の状況、眺望、日当たりなどを確認してくれます。

 

 

実際にマンションの部屋の状況を見てマンションの査定価格を算出してくれるので、机上査定よりも詳細な査定ができるようになります。部屋の状態によってもマンションの売却価格も変わります。

 

 

あなたが、リアルで正確なマンション売却価格と詳しい販売方法を知りたいのであれば、訪問査定を選ぶとよいです。

 

訪問査定で考えられるデメリット

 

訪問査定はとてもメリットがあるのですが、中には訪問査定の依頼を敬遠する人もおられるようです。たとえば・・・

 

  • 電話などしつこい営業をしてくるイメージが強い
  • 不動産会社が訪問してくることで他の部屋の人に売ろうとしていることが知られそう

 

デメリットを考えると大半の人が机上査定を選択します。ですが、マンションの部屋の向き、眺望、状態によって、マンション売却の成約価格は上下することが珍しくありません。

 

なんとなく価格が知りたいときは机上査定、1年以内に売りたいなら訪問査定

 

マンション売却を考えているが、なんとなく価格が知りたいだけなら机上査定で十分です。ですが、1年以内にマンションを売りたいと考えているなら、机上査定のあとに訪問査定をしてもらいましょう。

 

 

眺望や部屋の状態は特に内見してみないとわからないことがほとんどです。部屋の状況によって、訪問査定と机上査定の価格差があることも珍しくありません。

 

 

マンションの訪問査定で価格差があるときは、不動産会社の担当者に、その根拠を教えてもらうようにしましょう。特に中古のマンション物件では、部屋やバルコニーからの眺望で大きく価格が左右されることになります。

 

マンションの査定方法と価格の出し方とは?マンション売却の参考価格

 

あなたのマンションの部屋やバルコニーから見える景色が、キレイであったり夜景が見えるなどであれば、査定価格が高くなるプラス材料となります。逆に室内が汚れていたり、リフォームが必要なくらい傷んでいると、査定価格は下がる可能性がります。

 

 

1年以内にマンションを売却したいということであれば、部屋の状況を訪問査定でマンションの価格を正確に把握しておきましょう。

 

マンションの査定価格は参考価格

 

マンションの査定価格は、マンションが売れる価格ではないことを理解しておきましょう。マンションの査定価格は、あくまでンションを売却できるかもしれないという現時点での価格です。

 

 

査定価格よりもマンションを高く売却できるかもしれませんし、安く売却することにもなるかもしれません。マンションの査定価格が高いからといって、高く売却できるとは限らないのです。

 

 

なぜなら、最終的にマンションの価格は、購入者がいて初めて価格が決まるからです。購入者にも各々事情があります。あなたがマンションを売却している期間に買い手に購入したいというタイミングや事情があるかどうかなのです。

 

 

購入者候補が、あなたがマンションを売却している期間に興味を示してくれるかどうかということが関わってくるのです。ですから、複数の不動産会社に査定を依頼した結果、価格が高くても低くても一喜一憂しなくても大丈夫です。

 

 

査定価格は現時点での、資産価値の参考価格と考えておきましょう。大事なのは不動産会社が出した査定価格の根拠と、どういった販売戦略なのか?不動産会社の担当者の考え方はどうなのか?ということを確認しておくことなのです。